忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/12/16 20:12 |
詩心に生きる


詩というのは限りなく自由なものだと考える
しかし、自由な故に厳しさがあり闘いがある
詩は自分の心を文字に変換して映し出す作業
嘘は許されない
事実ではなくとも真実である必要がある

詩に嘘が付けないということは自分自身に嘘が付けないのと同様
詩というキャンバスの上で自己表現を思いのまま、信念のまま描けばよいのだ

詩は正義に通ずる剣だと思っている
生悪説、生善説を越えて人の中に尊いものがあることは疑いのないこと
ならば、詩心を育て自己闘争することに正義はある
そう考えるのだ

詩の目的は人によって様々だろう
愛する人への気持ちを表現すること
怒り、悲しみ、羨み、喜び、感謝、感動を伝えることもあるだろう

個々の中に正しい道はあり詩心というのは、嘘なく偽りなく自己表現できる場であり、そうあってほしいということだ

だから、詩はカッコウ付けて綺麗な言葉をならべなければいけないという、固定概念は素直に捨て去り、ありのままの音律を奏でてほしいと願うのである

誰が何と言おうと、あなたには、あなたしか書けない詩(うた)がある
それは、もっとも尊いことであり、世界でたった一つしかない詩(うた)なのだ!!
あなたには、あなたしかない感情、心がある
詩というフィールドの中で乱舞し、余すことなく表現することが詩心だ!

詩心をもって、書いたことの無い人でも自信をもって詩を書いてほしいとおもう。

読む人によって感じ方や、好き嫌いはあるだろう
しかし、それは詩の絶対的価値を決めるものではなく、あくまで評価の域を出ない
だからこそ、詩は評価するものでは無く、感じるものだというのが僕の想いだ。


*:・Кдп・゚・:

PR



2006/10/15 11:57 | Comments(0) | TrackBack(0) | エッセー

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<愛かな?? | HOME | 着信音が鳴る頃・・>>
忍者ブログ[PR]