忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/12/16 20:10 |
砂の城


ナミウチギワにそびえる砂の城・・・

一緒に作った砂の城。


窓をつくり、

門をつくり、

展望台までつくりあげた!


水で固めたから丈夫だぞ!!

絶対に崩れない!

だって一緒につくったんだもの・・・


しかし、時と共に波が押し寄せ

波に流されてしまう・・・


流されてしまった砂の城。

消えてしまったけれど大切なものが残った。


砂の城はいつまでも、いつまでも

心の思い出から消え去ることはない。




平凡詩人
PR



2007/02/15 05:00 | Comments(1) | TrackBack(0) | POEM

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

うっぉ!!!先月失恋してしまったおいらの心にバンバン響きました!!!(やべぇ・・w
いや、、今回の詩は今まで異常に心に染みていく感じがしました、、あぁ。。
posted by えっちょん at 2007/02/15 16:59 [ コメントを修正する ]
◆寛の返筆記◆> えっちょん さん
コメントありがとうございます★

この詩は、失恋を書いたものではなかったのですが、
書いた後で失恋の悲しさや辛さ、別れを表してるなぁって
僕も気づきました。悲しさは飛躍のチャンス!
えっちょんさんファイトです★寛も応援しています!!

*:・Кдп・゚・:
2007/02/18 12:35

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<後姿の母。 | HOME | 朝焼けオレンジ>>
忍者ブログ[PR]