忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/07/22 05:32 |
1・17



1995年、1月17日

午前5時46分・・・


衝撃と共に大地全体が振られる

感じたことのない揺れを感じ飛び起きる


タンスや家具の角が頭めがけて飛んでくる・・・

家の下敷きになり痛みを訴える人々・・・

すでに息絶え亡くなっている人もいる。


一人の命のために、自分の辛さ苦しさを忘れ団結する人たち

人の温かさがそこにはあった

失われる命に涙する間もなく、助かる命を救おうと奮起する

そこには尊き人間の姿があった

温かさがあった・・・


『自分も苦しい!』

『でも、もっと苦しんでいる人の為になりたい!』


忘れちゃいけない・・・

尊き生命の姿を!


あなたの尊き命の為にも、

残された我等は命の尊さを伝える義務がある。


あなたたちの分まで声を惜しまず叫ぶ!!


絶対に忘れない!!

絶対に!!




阪神淡路大震災から12年のこの日に捧げる・・・

平凡詩人
  






PR



2007/01/17 08:56 | Comments(1) | TrackBack(0) | POEM

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

今日なんですね。。うん、、そうですね、本当に皆が苦しい時、みんなは一致団結する。助け合う。今の日本にあるだろうか・・。あると思うけど、普段はなかなか出来ないことですよね。うん。。
なんかがんばんなきゃって気持ちにさせられました^^
ありがとう^^
posted by えっちょん URL at 2007/01/17 15:24 [ コメントを修正する ]
◆寛の返筆記◆ >えっちょん さん
一つ一つ丁寧にコメントして下さって、ありがとうございました!
普段の生活の中で、人を思いやれる社会にしていきたいですね☆

*:・Кдп・゚・:
2007/02/01 11:05

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<若き戦闘機乗り | HOME | am 9:52>>
忍者ブログ[PR]