忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/07/22 05:33 |
鳥の影絵



庭の柘(つげ)に鳥が止まった

光が鳥と柘の木を照らし

閉まっているカーテン越しに

影絵になって見える


羽を休ませながら

ツイバム様子がなんとも美しい!


鳥に見とれていた・・・


カーテンを『ぱっ!!』と開けると

飛び立った鳥の残像だけが残った・・・


あの鳥はどこへ行ったのだろうか・・・。

羽を広げ、旅立つ鳥に心を残して・・・




平凡詩人

PR



2007/01/23 08:00 | Comments(1) | TrackBack(0) | POEM

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

僕には切なさが伝わってきました^^
周りに生きてる生き物に心を奪われることって、たまにありますよね。
みとれてしまうっていうか・・。
そういう感覚って僕には「切ないな」って感じるんですよね。。
寛さんはどうなんだろう?(笑
posted by えっちょん URL at 2007/01/24 11:34 [ コメントを修正する ]
◆寛の返筆記◆ >えっちょん さん
なんだろうなぁ~☆
ずっと見ていたのに
見れなかったってことで
寂しいという感じでしょうか・・・。

★でも飛び立つ希望というのもあると思いますよ☆

*:・Кдп・゚・:
2007/02/01 11:06

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<0(ゼロ) | HOME | りんご飴>>
忍者ブログ[PR]